歯科の情報局 白い歯ねっと > 口臭 > 口臭の臨床的分類 >

臨床的分類

  1. 自臭症   本人は強く臭いを自覚し、周りの人のしぐさ、言動に敏感になっている
  2. 他臭症   本人は感じないが周りの人たちが臭いと感じている

口臭を自分で診断してみましょう

 【貴方はどちらですか。自臭症それとも他臭症?】

 自臭症に特有な症状

  1. いつも口の臭いを感じている。
  2. 以前に他人から指摘され、それ以降気になりだした。
  3. よく歯磨きをしている方だと思う。
  4. 他人のしぐさが気になる。
    (他人が鼻を触ったしぐさを見て、自分の口の臭いが原因ではないかと思ってしまうなど。)
  5. 他人の言葉が気になる。
    (部屋に入ってきた人が「この部屋臭くない?」と言うと、自分の口の臭いが原因ではないかと考えてしまうなど。)
 

 他臭症に特有な症状

  1. 自分の口が臭いとは思っていない。
  2. よく歯磨きをしている方だとは思わない。
  3. 歯医者に行って、歯石を取ってもらったことがない。
  4. 虫歯があるのに放置している。
  5. 家族から「口が臭いから歯医者に行って治してもらいなさい」と言われた。

▲このページのトップへ