歯科の情報局 白い歯ねっと > 口臭 > 自律神経・性格と自臭症

自律神経・性格と自臭症

口の臭いと自律神経

ニオイの起こらない健康な口腔内を作るためには、自律神経の働きを正常にしていくことが大変重要です。
自律神経は生活のリズムの影響を強く受けるため、生活習慣を規則正しくする必要があります。
 1. 睡眠を適切にとる。
 2. 運動をする。

 

自臭症と性格

自臭症患者に多いのは他人に気遣いができる人が多いことです。言い換えれば、人からどう思われているのかを大変気にしているということもできます。そのため人のしぐさが気になります。 それが内的なストレスとなっていきます。また、通常、誰でも日常生活を営む上では外的なストレスを少なからず受けているものです。自臭症患者の多くはそういったストレスを受けやすい性格ということもできます。それらのストレスによって唾液の分泌が低下して、口の中は酸性となり、口臭の発生とつながります。

▲このページのトップへ