歯科の情報局 白い歯ねっと > 口臭 > 口臭検査 >

口臭検査をしてみよう

口臭検査のやり方を紹介

1.ガスクロマトグラフィ:揮発性硫黄化合物(VSC)分析
  *一般歯科では高価なため設備投資は無理。
2.官能検査
  ・UBC式官能検査:術者が直接、鼻で臭いをかいで判断する方法
3.口臭測定器(オーラルクロマ、ハリメーター、ブレストロン)の利用
  利点:一見正確に見えるため患者に理解されやすい。
  欠点:実は正確性に劣る(肝心のVSC等の感度が低い)。


UBC式官能検査

官能検査  
術者が直接患者の口の臭いを嗅いで
「においの強度、質」を判定します。
 

官能検査とは口臭の審査・診断を行う際,術者の臭覚により、においの強度を判定する方法です。
UBC式官能検査装置は直径2.0〜2.5センチ、長さ10センチのチューブを挿入する穴をあけてある縦80〜100センチ、横50〜60センチのスクリーンからなっています。検査の際、患者はチューブの一端をくわえ口腔内空気を吹き込み、他端から術者が鼻をチューブに近づけて実施します。
鼻臭についての診断を行う場合には直径1センチ程度のチューブに交換した後に実施します。





 ■官能検査判定基準
   スコア   判定基準(強さと質)
 〇:臭いなし  臭覚閾値以上の臭いを感知しない
 1:非常に軽度  臭覚閾値以上の臭いを感知するが、悪臭と認識できない
 2:軽度  かろうじて悪臭と認識できる
 3:中等度  悪臭と容易に判定できる
 4:強度  我慢できる強い悪臭
 5:非常に強い  我慢できない強烈な悪臭

患者に提示する客観的なデータとしては各種測定器による測定結果が好まれます。しかし、機械の特性をよく理解しなければ、得られた結果を理解し説明するのは困難です。「におい強度」を患者に説明するには官能検査以外に存在しません。官能検査は各種測定器の分析結果より、はるかに優れた検査方法です。現在さまざまなにおい分析装置が開発されていますが、未だ人間の臭覚以上のにおいセンサーは存在しないのが現状です。



※現在、当医院では機械による口臭検査を行っておりません。

▲このページのトップへ