歯科の情報局 白い歯ねっと > 口臭 > ドライマウスと口臭 >

ドライマウスと口臭

あなたのお口、乾いていませんか

お口の渇きをそのままにすると

 
   
  • 虫歯や歯周病・歯槽膿漏になります。
  • カンジダ菌(カビの一種)が増加します。
  • 舌苔(ぜったい)がつきます。
  • 会話をするのが辛くなり、口臭もでてきます。
  • 入れ歯が合わなくなり、すれて痛みがでます。
  • 夜、お口の渇きで目が覚め、よく眠れないことがあります。


非経口摂取(チューブなどでの栄養摂取をされている方)長期療養者のお口の中―口腔内が、砂漠のように乾燥している症状の場合

 ■ドライマウス(口腔乾燥症)の自己診断
  1. 口が乾く(口の中がねばねばする)。
  2. 味覚が変化したようだ(味覚障害)。
  3. 乾いたもの(パン、ビスケット、カステラなど)が食べにくい。飲み込みにくい。
  4. 口臭があると言われた。また口臭を自覚する。
  5. 最近歯磨きをきちんとやっているのに虫歯が増えた。
  6. 入れ歯が痛くて入れていられない。
  7. 薬を常用している。
  8. 夜間に喉が渇いて目が覚める。
  9. 口内、舌が痛む。
  10. 口が乾燥して会話を長く続けられない。
  11. 舌、唇、口角にひび割れができている。
  12. 目、鼻など他の粘膜も乾いている。
 ■自分でできるドライマウス対策

ドライマウス(口腔乾燥症)の原因はさまざまで、確定診断はとても難しいです。 ご家庭でできることをご説明します。これらの症状は、生活に支障をきたすばかりではなく、口臭、虫歯、歯周病・歯槽膿漏を誘発します。

  1. 生活習慣の改善
    • たっぷりと水分を取り、よくかみましょう。かむことにより、唾液の分泌が増えます。
    • ストレスコントロールをしましょう。ストレスがかかると舌の動きが止まり、唾液の分泌が減少します。
    • もし可能なら、常用している薬剤について担当医と相談し、薬剤を減らしてもらいましょう。多くの薬剤は唾液の分泌を抑制します。
  2. バイオエクストラ(歯磨き剤、洗口液、口腔用ジェル、口腔用スプレー)を使用する。

唾液は食べ物を流したりする働きと、お水やお茶にない働きとして、お口の中の最近を殺し感染を防ぐ大事な役割をします。
  
唾液が不足した人にはその代わりになるものが必要です。
お口の渇きや不快感でお悩みの方は「バイオエクストラ」をぜひ一度お試しください。

  • マイルドペーストは歯磨き剤です。主に食後にご使用ください。
  • リンスは、ブラッシング後、お口をすすぐのに使用します。
  • 総入れ歯の方やブラッシングできない方はリンスやジェルをご利用ください。
  • お休み前にはジェル、外出時にはスプレー、など使いやすいように工夫してください。
バイオエクストラの製品
各種バイオエクストラ

▲このページのトップへ