歯科の情報局 白い歯ねっと > 口臭 > 改善と予防 >

改善と予防

未然に防ぐためには

健康や清潔志向の高まりで、口臭への関心が高まっています。

 

正体は

口臭の主な成分は、口の中の細菌が食べカスを分解して作り出す揮発性の硫黄化合物です。
また、食べ物やお酒など食品類の臭いが血液中に溶け、呼気となってでてきたものもあります。

息を吐く女性
正体は

こんなことも原因

口の臭いは、またストレスやホルモンなどとも関係しています。
仕事や人間関係などで緊張が続いたとき、女性の生理や妊娠中、成長期などはニオイが強くなります。空腹時や起床時も一時的に臭いがします。

危険なものも

悪化した虫歯や重度の歯周病も原因です。治療や歯磨きをしているのに臭いが強いときは、内科的な病気や免疫性の病気が疑われます。鼻やのどの病気、口呼吸でもにおいがします。口の臭いのチェックは、全身の健康チェックにつながります。

「予防」どうすればできる

お口に臭いの発生源があるものは、お口の中のお手入れで改善します。


■虫歯や歯周病の治療

口には病気の原因となる細菌がたくさんいます。まずはきちんと治療することが大事。お口の環境を整えて病気になりにくくしておきましょう。


■プロのケアとホームケアをしっかりと

治療後は、改善されたお口の環境を維持し病気を予防するために、プロによる定期的なケアと正しいホームケアが必要です。ホームケアについては、歯科医院できちんとしたお手入れ法の指導を受けてください。


■生活での注意

食後の緑茶や食べたものの臭いを消すために牛乳を飲むことなどで、口臭を消すことができます。レモンや梅干は、唾液分泌を促し自浄作用の効果を高めます。


  予防口腔ケア用品
口臭予防口腔ケア用品

▲このページのトップへ