歯科の情報局 白い歯ねっと > 矯正歯科 > 遅くない!成人の治療

遅くない 成人の治療

原理

歯には「歯根膜」とよばれる部分があります。歯に力を加えると、この歯根膜が伸びて骨との間にできた隙間に新しい骨がつくられます。反対側では、歯根膜の力が弱まり、加えた力の衝撃で骨が溶けていきます。こうして歯が動くのです。治療では、歯根膜のこの性質を利用して、動かしたい方向に意図的に力を加え、歯の位置を変えます。歯根膜が生きている限りいつでも矯正ができるのです。成人の治療は問題なく行うことができます。しかし、骨格的に異常がある場合にが外科治療が必要になることもあります。

矯正歯科学における歯が動く理由
  歯が動くわけ

40代からの治療

40代は歯周病と虫歯が発生しやすい要注意世代。子育てと働き盛りの忙しさに、口の健康がおろそかになりがち。気づいたときには口の中はガタガタに崩れかねません。
そんな方には口の中のバランスを回復することが先決。新しいしっかりした噛み合わせを作り、その上で修復し、お口の健康を完成させます。成人歯科矯正は、口全体の健康を目指した総合的治療の一部として行われるものです。

ブラッシングがカギ

歯に強制的な力をかけると、周りの組織はいたみ、矯正具をつけると、歯周病の原因となるプラークはますますとりにくくなります。このような場合に施術を行なうと、歯周病を悪化させる原因となります。この世代では、とくに歯茎を健康に保つことが成功の秘訣です。プラークコントロールを実行してください。

▲このページのトップへ