歯科の情報局 白い歯ねっと > 矯正歯科 > 歯並びの種類

歯並びの種類いろいろ

八重歯・乱ぐい歯・すきっ歯

■叢生(八重歯・乱ぐい歯)

アゴが小さく、歯が並ぶ場所が狭くて、歯並びがデコボコになるのが乱ぐい歯(叢生)です。症状がひどくなると、あとから出てくる歯が歯列から外にはみ出し、重なりあって生えて「八重歯」と呼ばれる状態になります。犬歯がはみ出した場合も八重歯です。
叢生の場合、歯ブラシがとどかず歯垢が残りやすくなります。歯が汚れやすいので、虫歯や歯周病の原因になり、健康な歯の寿命を短くしてしまいます。

叢生
八重歯・乱ぐい歯

■正中離開(すきっ歯)

上アゴの中切歯(一番前の歯)は、生えてくるときは開いていますが、側切歯(中切歯のとなりの歯)が生えてくると閉じるのが普通です。しかし、永久歯が小さすぎたり、上唇の内側のひだが大きすぎる時、また、中切歯の根の間によけいな歯(過剰歯)が生えてきた場合には開いたままになってしまいます。この様な状態になると、発音(特にサシスセソ)がしにくくなります。

正中離開
すきっ歯

乱食い歯を矯正歯科で治しましょう。

▲このページのトップへ