歯科の情報局 白い歯ねっと > 金属アレルギー> 金属アレルギーとは

  • 体質、年齢、などによる個人差が大きく、体調の影響も受けます。
  • 症状も複雑で、症状の発現過程に個人差があり、このようなことが原因の特定を困難にしています。

その理由ははっきりしませんが、長期間にわたるピアスやネックレスなどの装飾品の装着や金属粒子を含んだ化粧品を使用してきたために体が感作されてしまったのではないかという説が有力です。


  • タバコからのカドミウム
  • 排気ガスや水道管からの鉛
  • 大型魚からの水銀
  • 成分のわからない装飾品を身につけない(特に卑金属のピアスは、リスクが高くなります)
  • ネックレスをした場合は、汗をこまめに拭き取る

金属イオンがたんぱく質に結合すると、たんぱく質から構成される酵素が異常な働きをするようになります。その結果、生命活動のあらゆる分野に影響を及ぼすと思われます。近年問題になった環境ホルモン様の作用をすると考えられていますが、その本態は十分に解明されていません。症状が多様であるため、他の病気との鑑別を困難にしています。いったん感作されてしまうと、脱感作して再びもとの体質に戻すことは困難です。

金属から溶け出した陽イオンとタンパク質が結合してタンパク質が変化する

ピアス ネックレス 歯の冠 詰め物を除去した後での
リラクゼーションによる交感神経の緊張緩和、発汗、キレーション点滴によるデトックスなど


▲このページのトップへ