歯科の情報局 白い歯ねっと > 審美歯科 > 審美的なつめもの:セラミックインレー

少し大きな虫歯は、虫歯の部分を削り、型にとって鋳造した「インレー」をはめ込んで治します。インレーの材料はいろいろありますが、見た目の自然さ、美しさではセラミックス(陶材)が一番です。
セラミックスは、色調や透明感を天然歯そっくりに加工できるので、元の歯と違和感なく作ることができます。まるで治療をしたと分からないほどナチュラルです。
また、セラミックスは金属ではありませんので、金属アレルギーの方でも安心です。


セラミックインレーの治療の流れ 歯と口の中の状態を診査し治療計画を立てます。
セラミックインレーの応急処置および前処置 治療のために口の中の環境を整えます。
・歯茎の健康回復治療
・虫歯に侵された部分の除去
・ブラッシング指導
歯髄保護の処置(根管治療)
セラミックインレー
審美歯科 セラミックインレー
歯冠の形成 噛む力に耐えられる形に歯を削ります。
歯と口の型どり 削った部分を型に取り、この型をもとに修復物を作ります。
装着と噛み合わせの調整 セラミックインレーを装着し調整します。

■症例

セラミックインレーで自然な色合いにしました。


審美歯科/セラミックインレー (左図:術前、右図:術後)
アマルガム充填

審美歯科/セラミックインレー

セラミックインレー治療には保険は適用されません


レジンという一種の樹脂を、虫歯を削って詰めるやり方です。
色の変色が問題となる事がしばしばあります。
やりかえが容易なので、気にならない程度に改善する事が可能です。



▲このページのトップへ