歯周病home > 歯石取りで環境改善

歯石取りで環境改善

防ぐために口中の環境を改善

お口の中のプラークをコントロールして環境を整えるには、正しいホームケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアが必要です。

防ぐために口中の環境を改善

歯垢(プラーク)をブラッシングせずに放置すると唾液に含まれるリン酸カルシウムが取り込まれ数日で石灰化していきます。 これが歯石です。
初めは柔らかく歯や歯根への付着も強くないため簡単に除去できますが(歯ブラシでの除去は不可能)、次第に硬くなり、しかも強固に歯や歯根に付着するようになってくるため除去は困難となります。 そこで歯石を付きにくくする歯磨き粉を紹介します。
薬用ポリリンジェルEX

予防に、ブラッシングとスケーリングで歯石取り

プラークと歯石により誘発歯肉より上の目で見えるところのプラークは、患者さんがブラッシングします。歯肉に隠れている目に見えないプラークは、歯科医院で取り除きます。 歯や根につく歯石はスケーリングにより除去します。


スケーリングで歯石取り

歯科医院で行うプラークコントロールの最初のステップが「スケーリング(歯石取り)」です。歯肉の上の目に見える部分と歯肉の少し下に隠れているプラークや歯石を、スケーラーという特殊な器具で除去します。今までこびりついていた歯石がとれるので、歯と歯の間に隙間ができたり、歯が長くなったように感じる方がいます。ついていた歯石が取れたせいですから心配要りません。


ルートプレーニング

歯肉に隠れて見えない歯根面についている歯石や沈着物などを、特殊な器具を使って取り除き根面をツルツルにすることをルートプレーニングといいます。

▲このページのトップへ