歯周病home > 歯周病・歯槽膿漏の検査

検査

検査方法

私たちはふつう病気が疑われると受診後は検査を受けます。
同じように歯周病でも、あごの骨や歯肉などの状態を見極めるためには検査を行います。
この検査が「基本検査」「精密検査」です。この結果をもとに、これからの治療方針が立てられます。


プラーク付着検査

歯周ポケットの深さを1箇所以上測定し、歯が病気によりグラグラしていないか(歯の動揺度)を調べます。

  動揺度検査

ポケットの深さを4箇所以上測定し、歯の動揺度を調べ染め出しによりプラークの付着状況をチェックします。
動揺度検査

  ポケット測定

歯肉からの出血チェック(出血は歯周ポケットの炎症の証拠です)。
歯と歯との離間測定(隙間があると食べ物が詰まって細菌が繁殖します)。
付着歯肉の幅(歯ぐきがどの程度歯肉に覆われているかを測ります)。
歯槽骨(あごの骨の厚み)がどの程度失われているかのチェック。
X線写真撮影。
口腔写真。
歯周ポケット測定



▲このページのトップへ