歯周病home > 歯周病・歯槽膿漏チェックのポイント

チェックのポイント

自分でチェックする習慣を持ちましょう

国民の8割以上が歯周病・歯槽膿漏にかかっています。これらは自覚症状が出にくく、知らない間に進行する典型的な病気です。しかし発見が早ければ進行を抑え、予防することも可能です。ご家庭でのブラッシングの際に、歯肉まで点検する習慣を持ちましょう。


チェックのポイント

1. 歯茎が赤く腫れている。
2. 歯肉から出血する。
3. 口臭がする。
4. 歯と歯の間の隙間が大きくなる。
5. 歯肉がやせ、歯の根が見えるようになる。
6. 歯がグラグラするようになってきた。
7. 歯肉がムズムズした感じがする。
知るための方法
チェックポイント

改善するために守ること

●正しいブラッシング方法の指導を受けましょう。
●正しいブラッシングによるホームケアを実践し、歯垢のないお口をつくります。
●歯肉を引き締めるマッサージを行います。
●規則正しい生活とバランスのとれた食生活をしましょう。
  栄養が悪く不規則な生活を続けると、体の抵抗力が弱まり歯周病は進行します。
●硬い歯石は自分では取り除くことができません。お口の清掃の専門家のケアが必要です。
  半年に一度は、歯科医院でチェックを受け、一緒に歯石の除去も受けてください。

▲このページのトップへ