歯科の情報局 白い歯ねっと > 入れ歯 > 部分入れ歯

部分

パーシャルデンチャーのご紹介

パーシャルデンチャーのしくみ

パーシャルデンチャー
  歯が何本か連なって抜けたらパーシャルデンチャーを入れます。これは、バネで支えとする歯に固定する取り外し式となっています。人工物ですから最初は違和感を感じますが、入れておくことで慣れましょう。

 

パーシャルデンチャーの仕組み

パーシャルデンチャー バネで固定する方式

床に人工歯を並べ、バネで支える方式
  しょう「床」と呼ばれる土台の上に人工歯を並べ、床に取り付けたバネで支えとする歯(維持歯といいます)に固定する方式です。維持歯がパーシャルデンチャー全体を支える構造なので、維持歯への負担は大きく、虫歯や歯周病にかかるリスクも高まります。それ以上義歯を大きくしないためにも、定期的なチェックを受けて維持歯の健康を守りましょう。 こうした欠点を補うために、最近ではバネ部分の工夫やバネ以外で固定する技法などが開発されています。

■床の材料
レジン……収縮や変色しやすく、落下などにより壊れやすい。
金属………薄く加工できる素材なのでフィット感に優れている。衝撃に強い。

■人工歯の材料
レジン、ポーセレン(陶歯)、硬質レジン

■バネの材料
金銀パラジウム合金……硬いため維持歯にかかる負担が大きい。
金合金(14K)。
白金加金……天然歯の硬さに近くフィット感のよい固定ができる維持歯にかかう負担を少なくできる。
 

▲このページのトップへ