歯科の情報局 白い歯ねっと > 入れ歯 > 総入れ歯

フルデンチャー

フルデンチャーについて、図を使って説明します

歯が全てなくなったときは、フルデンチャーを入れます。人工物ですから、お口に入れたときの違和感はどなたにでも大なり小なりあります。違和感に負けずお口に入れておく練習をして、一日も早く自分の体の一部にしてしまいましょう。   フルデンチャーの各名称

総入れ歯のそれぞれの名称
フルデンチャー

お手入れして長期に快適使用

快適なフルデンチャー生活のコツは、毎日のお手入れにあります。お休み前には外し、丁寧に磨きましょう。もちろんお口の中もブラッシングします。歯がなくとも歯茎をブラッシングすることで刺激が与えられ、支える顎の骨や歯肉がやせることを防ぐことができます。 お口の中は絶えず変化しています。定期的な検診を受けて、当たりや噛めない、発音しにくいなどについて調べてもらいましょう。 いつもお口にぴったり合うフルデンチャーで、快適で楽しい生活をお送りしましょう。

総入れ歯の材料のご紹介

■床の材料
レジン(保険の対象)………厚く大きくなるため違和感が強い。やや壊れやすい。
金属(自費の対象)…………薄く作ることで違和感のない入れ歯ができる熱伝導がよい。壊れにくい。

■人工歯の材料
レジン(保険の対象)……色調に限界 変色や劣化がおきる。
セラミック(自費の対象)、硬質レジン(小臼歯)、白金加金合金。
……自分の歯に色調を合わせることができる 変色や劣化がない

※ 金属製の床やセラミックや金などの人工歯は、保険の利かない治療法です。その反面使い心地よく耐久性に優れています。

 

▲このページのトップへ