歯科の情報局 白い歯ねっと > 入れ歯 > 入れ歯の材質と特徴

材質と特徴

保険診療

■部分床義歯(パーシャルデンチャー)
床…………レジン(合成樹脂)。
人工歯……レジン・既製品の陶歯。
バネ………金銀パラジウム合金・ニッケルクロム合金など。

■総義歯(フルデンチャー)
床…………レジン。
人工歯……レジン・既製品の陶歯・硬質レジン(前歯)。

■保険対象の材料の特徴
レジンは、合成樹脂のため長い間には劣化(収縮や変色)がおこります。
床が厚ぼったくなり、口に入れたときの感覚に違和感を感じる方も多い。
衝撃に弱く壊れやすい。
総入れ歯/金属床とレジン床
金属床とレジン床

自由診療

■部分床義歯
床…………金属。
バネ………金銀パラジウム合金・ニッケルクロム合金・白金加金合金。
装着の技法………アタッチメント・コーヌスクローネ冠など。
■総義歯
床…………金属(金合金・チタンなど)やレジン。

■人工歯
自然の歯に近い陶歯・硬質レジン(小臼歯部)臼歯部は、金合金や白金加金合金。

■金属床義歯の特徴
金属は薄く加工することができるため、装着のフィット感が優れています。
熱感・味覚・発音が自然で、しかも見た目も自然です。
仕組み
仕組み

金属床義歯とレジン床義歯

■金属床義歯
●強度が取れる。
●薄く出来る。
●装着感が良く、舌が触れた時の感触も殆ど異物感が無い。
●狭い範囲で作る事が出来る。
●熱の伝導率が高い⇒ 熱い物を熱く・冷たい物を冷たく感じられる。
●味覚を損なう事を、最小限に抑える事が出来る。
●自費のみ。

■レジン床義歯
●強度が無い。
●厚い。
●広範囲になるため違和感や異物感が強く、味覚を損ないやすい
●保険適応。
ただし、両義歯とも留めるための金属のつめは必要です。

部分入れ歯 金属床義歯   部分入れ歯 レジン床義歯   左:レジン床義歯  右:金属床義歯
部分入れ歯の種類の一つ 金属床義歯 部分入れ歯 保険が適用されるレジン床義歯 レジン床義歯は金属床義歯に比べて厚い


入れ歯 金属床義歯とレジン床義歯の厚みの違い


 

▲このページのトップへ