小児歯科home > 乳歯は虫歯になりやすい

乳歯は虫歯になりやすい

乳歯の特徴と虫歯の危険度

子供は大人に比べ虫歯になりやすいと言われますが、それにはいくつかの理由があります。

乳歯が虫歯になりやすい理由

・一人で上手に歯磨きができないため、プラークコントロールが不十分になります。
・乳歯は食べカスがたまりやすく、しかも子供の好む食べ物には粘着性があるため、虫歯菌が酸をさかんにつくりだしてしまいます。
・乳歯は永久歯に比べ、エナメル質も象牙質も半分の厚さしかありません。また再石灰化の力も弱いです。


できるだけ早く発見しましょう

乳歯は一度虫歯になると痛磨でないこともあって、あっというまに進行します。受診することにはほとんどが、神経の近くまで進行しています。
仕上げ磨きをするときに、歯の表面が白っぽくなっていないか、黒くシミになっていないか、歯の溝が黄色くなっていないかなど観察してください。このような兆候は虫歯の始まりですから、この時点で受診されるとあまり削らず治療が簡単です。

小児の歯はお母さんが守ってあげましょう

乳歯は虫歯になりやすい


・歯磨きを習慣にし、必ず仕上げ磨きをしてあげて、プラークをできるだけためないようにしましょう。
・おやつは砂糖を使わないものを選び、就寝前に食べたり飲んだりする癖をつけないようにします。
・必ず定期的に受診し、歯とお口のチェックを受けましょう。

▲このページのトップへ