小児歯科home > サホライド塗布

サホライドとはフッ化ジアンミン銀の溶液のことです(ちなみに、フッ化ジアンミン銀溶液は虫歯の抑制と象牙質の知覚を鈍くすることを目的とした薬です。硝酸銀の殺菌作用とフッ素の虫歯抑制作用の両方の効果が期待できます)。
軽い虫歯の進行を抑えるため、このフッ化ジアミン銀溶液を歯面に塗る処置を『サホライド塗布』といいます。


乳歯の虫歯進行をおさえる

サホライドは光、熱により変質しやすい性質を持っています。歯面や根管の中を清掃し、乾燥させた後、小綿球に浸ませて塗布します。これにより、初期の軽い虫歯の進行が抑制されます。
ただし、銀の沈着によって、象牙質の色を変化させ、歯が黒光りしてくるという副作用があります。そのため乳幼児の前歯の虫歯の抑制にはよく使われますが、永久歯の前歯には使いません(もちろん黒くなったからといって虫歯になったわけではありません)。

虫歯の進行を抑える働きがあるサホライド

乳歯の軽い虫歯にサホライド塗付


▲このページのトップへ