小児歯科home > 母子感染を防ごう

母子感染を防ごう

虫歯菌を移す原因

生まれたての赤ちゃんには、虫歯菌がいません。それが生後半年ほどで虫歯菌がすみつきます。なぜでしょうか?


赤ちゃんに虫歯菌を移すのはどんな時か

可愛い赤ちゃんに虫歯菌をうつすのは、たいてい家族。その一番手が、お母さんです。口移しで食べさせたり、親の箸で食べさせたり、そ「エッ!そんなこと」と思うようなことでうつってしまいます。虫歯の無い子に育てるために、赤ちゃんに使う箸やスプーンは赤ちゃんだけのものにしましょう。
もちろん周囲の大人のお口の中がきれいであることが大事です。赤ちゃんが生まれてからでは遅いのです。誕生前から、自分たちの口の中の細菌を減らす努力をしてください。

虫歯のない健全な子に育てよう

口移しで虫歯菌は移ります


積極的に虫歯予防

赤ちゃんを虫歯のない元気な子に育てたいと決心した大人は、歯科医院でのお手入れはもちろん、日ごろの生活の中で虫歯を予防する積極的な習慣を実践してください。
「キシリトール」は、虫歯菌を弱め、虫歯の原因となる酸を作らせない効果があります。食事のあとは、歯磨きだけでなくキシリトール入りガムを噛みましょう。


小児の虫歯予防は母親から

お母さんの虫歯予防に「キシリトールガム」



▲このページのトップへ