小児歯科home > 小児歯科:子供の虫歯予防

子供の虫歯予防の方法

母親にある子供の虫歯の責任

小児の虫歯予防の原点は、母親にあると言ってもよいでしょう。生後10ヶ月〜31ヶ月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと感染していきます。その時の条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、又、小児が ショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率良く感染していきます。
問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシング位ではミュータンス菌を減らす事は出来ず、”一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない”というリスクを追うという事です。
反対に、上記の期間を無事に過ごす事が出来れば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。


唾液中のミュータンス菌の数を調べます

ミュータンス菌だけを育てる培養液に、舌の上で回転させたストリップを入れ2日間培養します。
ミュータンス菌は、青色の群落(コロニー)として現れます。


唾液中のミュースタンス菌は、多いほど危険

ミュータンス菌の数と危険度

子供に対する対策

■フッ素塗布(イオン導入法)

イオン導入器
フッ素を電気的に歯の中に入れるイオン導入器
  フッ素を、電気的に歯の中に入れる方法です。

■シーラント

シーラントを施術する前の写真
シーラント術前
シーラントを施術した後の写真
シーラント術後
  虫歯になりやすい溝を、樹脂で潰してしまいます。

■キシリトールの使用

ガム、ホームジェル、ジェルコート


■咬合誘導法(歯列管理)

子供の歯(乳歯)を少し削ったり、あるいは隙間がつまらなくするなどして乳歯列の管理をする事で、永久歯の導出を適正にする事が出来ます。 簡単な装置を使う事もあります。


母親に対する対策

■PMCT・3DS法・キシリトール・フッ素の使用

フッ素を、電気的に歯の中に入れる方法です。


母親のミュータンス菌の量によって、子供に感染している割合。
感染している子供の率

大量にミュータンス菌をもっている母親に対して食事指導・PMTC・フッ素塗布菌ブラシ指導等を実施し、虫菌の治療を行った場合の子供に感染する割合。
子供に感染する割合のグラフ
「いかに母親自身の口腔内の健康が子供にとって重要であるかか」が、わかります。

▲このページのトップへ