歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > 歯磨き ブラッシング

歯ブラシの磨き方

あなたに合う歯の磨き方を

歯磨きをしているのに虫歯になってしまう、と悩む人がたくさんいます。なぜでしょう?
実は、歯垢の染め出しを行ってみると、歯垢が取れていないことが多いのです。つまり「磨き残し」です。自分の口の中の状態に合った効率のよい磨き方を身につけることが大切です。
磨き方によっては、歯茎を痛めたり、磨き過ぎて歯が磨耗(すり減る事)したりします。でも注意さえすればどのような磨き方でも構いません。歯ブラシの毛先が均等に歯の隅々までゆきとどき、歯に付いた歯垢をきれいに取り除くことが大切です。

表面磨きにフォンズ法

歯肉炎の予防にもなるフォンズ法

清掃能力の高いフォンズ法

 

「フォンズ法」は歯の表面を磨くのに適しています。その上マッサージの効果も高く清掃能力もあります。歯を軽く噛み合わせ、歯肉をむきだし、歯ブラシの先端を歯肉に当てます。そして歯の面に直角に、円を描くように動かします。歯磨き剤はつけずに、ブラシは毛列3〜4列の、やや軟らかい毛のものが良いでしょう。
「フォンズ法」は誰でも無理なく簡単にできます。歯肉炎の予防にも効果があります。


歯と歯茎の間は45度で

歯と歯茎の角度に気をつける

歯周病や歯周炎の予防に適したバス法

 

歯と歯茎の間の溝を歯周ポケットと呼びます。ここには歯垢・歯石がたまりやすく、細菌の巣になり、歯周病、歯肉炎の原因となります。「バス法」はそれを防ぐのに適した磨き方です。
歯磨きの方法は、歯軸に対し45度の角度で、歯と歯茎の間に毛先を入れ、1mm程度のストロークで前後に細かく歯ブラシを動かします。毛先が歯と歯茎の境目から離れないようにします。離れるとせっかくの効果がなくなります。

歯に直角にあてて磨くスクラッビング法

歯ブラシの毛先を、歯の面に直角にあてて、小刻みに左右に動かす磨き方です。大きく動かすと毛先が寝てしまうので、毛先を立てたまま細かく動かすようにしましょう。


■歯の表面

力を入れすぎないように注意して小刻みに磨く
表面の磨き方
■歯の裏側

裏側の磨き方
前歯の裏側は、歯ブラシを縦に入れて1本ずつ磨く

奥歯の裏側や噛み合わせの面も毛先を直角にあてて小刻みに磨く
奥歯もきちんと磨いて虫歯予防

毛先を上手に使いましょう

予防歯科における毛先の使用法
毛先の上手な使い方
  「毛先」というのは、歯ブラシのナイロン毛の先端のことです。 歯は曲面の立体なので歯の面を3つに分け、ブラシの先端を直角に当てることが必要になってきます。ブラシの刷面も分割して、直角に当ててこするようにして下さい。

スクラッビング法のポイント

汚れが残りやすい場所
スクラッビング法で汚れを残さず虫歯を防ぐ
  (1)必ず毛先を使うこと。
(2)歯の面に直角に当てること。
(3)力を入れないでこすること。
(4)歯ブラシの持ち方を自由にかえること。
(5)なるべく歯磨き剤を使わないこと。
(もし使う時は、米粒くらいの量にすること)。

1日1回でもていねいに磨く

現代では「朝シャン」感覚で歯磨きします。ポケットやバッグの片隅に歯ブラシをしのばせ、食べたら気軽にシャカシャカシュッシュッ。いい習慣ですね。そしてせっかくの歯磨きですから、ぜひ効果的に磨いて下さい。
食後すぐに歯を磨くのはなかなか大変です。最近の研究では、1日3回短時間磨くよりも、1日1回ていねいに磨いたほうが効果的という報告もあります。 1日の最後にご苦労様のいたわりを込め、明日のさわやかな目覚めを期して、あなたの歯とあなた自身をブラッシングしてあげましょう。
予防歯科における効果的なていねい磨き
キレイに歯を磨いてさわやかな目覚めを

毛先磨きをおすすめします

予防歯科における遠心面と正中線
毛先を上手に使って磨くと効果的
  「毛先」というのは、歯ブラシのナイロン毛の先端のことです。 虫歯や歯周病の原因は歯垢です。この歯垢をとらないと歯を磨いたとはいえません。とくに歯垢がたまりやすいのは、歯と歯の間・歯と歯茎の境目です。 そこを上手に磨くには、歯ブラシのつま先・わき・カカトを使い分け、歯ブラシの毛先がいつも歯に直角に当たるように、歯を3つの面(近心面・遠心面・磨面中央)に分割して力を入れず小刻みに動かして磨きます。こうすると、歯垢がよく取れます。 どうぞ「毛先磨き」効果を実感してください。

▲このページのトップへ