歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > スクラッビング法

歯磨きのテクニック

歯に直角にあてて磨くスクラッビング法

歯ブラシの毛先を、歯の面に直角にあてて、小刻みに左右に動かす磨き方です。大きく動かすと毛先が寝てしまうので、毛先を立てたまま細かく動かすようにしましょう。


■歯の表面

力を入れすぎないように注意して小刻みに磨く
表面の磨き方
■歯の裏側

裏側の磨き方
前歯の裏側は、歯ブラシを縦に入れて1本ずつ磨く

奥歯の裏側や噛み合わせの面も毛先を直角にあてて小刻みに磨く
奥歯もきちんと磨いて虫歯予防

毛先を上手に使いましょう

予防歯科における毛先の使用法
毛先の上手な使い方
  「毛先」というのは、歯ブラシのナイロン毛の先端のことです。 歯は曲面の立体なので歯の面を3つに分け、ブラシの先端を直角に当てることが必要になってきます。ブラシの刷面も分割して、直角に当ててこするようにして下さい。

スクラッビング法のポイント

汚れが残りやすい場所
スクラッビング法で汚れを残さず虫歯を防ぐ
  (1)必ず毛先を使うこと。
(2)歯の面に直角に当てること。
(3)力を入れないでこすること。
(4)歯ブラシの持ち方を自由にかえること。
(5)なるべく歯磨き剤を使わないこと。
(もし使う時は、米粒くらいの量にすること)。

▲このページのトップへ