歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > 丁寧に磨く

歯磨きのテクニック

1日1回でもていねいに磨く

現代では「朝シャン」感覚で歯磨きします。ポケットやバッグの片隅に歯ブラシをしのばせ、食べたら気軽にシャカシャカシュッシュッ。いい習慣ですね。そしてせっかくの歯磨きですから、ぜひ効果的に磨いて下さい。
食後すぐに歯を磨くのはなかなか大変です。最近の研究では、1日3回短時間磨くよりも、1日1回ていねいに磨いたほうが効果的という報告もあります。 1日の最後にご苦労様のいたわりを込め、明日のさわやかな目覚めを期して、あなたの歯とあなた自身をブラッシングしてあげましょう。
予防歯科における効果的なていねい磨き
キレイに歯を磨いてさわやかな目覚めを

毛先磨きをおすすめします

予防歯科における遠心面と正中線
毛先を上手に使って磨くと効果的
  「毛先」というのは、歯ブラシのナイロン毛の先端のことです。 虫歯や歯周病の原因は歯垢です。この歯垢をとらないと歯を磨いたとはいえません。とくに歯垢がたまりやすいのは、歯と歯の間・歯と歯茎の境目です。 そこを上手に磨くには、歯ブラシのつま先・わき・カカトを使い分け、歯ブラシの毛先がいつも歯に直角に当たるように、歯を3つの面(近心面・遠心面・磨面中央)に分割して力を入れず小刻みに動かして磨きます。こうすると、歯垢がよく取れます。 どうぞ「毛先磨き」効果を実感してください。


▲このページのトップへ