歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > カリエスリスク判定

虫歯にかかる危険度を調べるカリエスリスク判定

カリエスリスク診断をおすすめします

虫歯の発症と進行についての研究が進み、虫歯にかかる危険度(カリエスリスク)には個人差があることが判りました。リスクを判定することで、一人一人に適した虫歯の対策を立てることができるのです。


レーダーチャートで一目瞭然

唾液の量・虫歯の経験・ミュースタンス菌の数などで判定する
カリエスレーダーチャート
  この図は、カリエスリスクの「レーダーチャート」です。
虫歯になる条件や虫歯を防ぐ抵抗力などを、唾液検査によって調べます。また、食事回数や食習慣、予防のためのフッ素利用などは簡単なアンケートでチェックします。虫歯になりやすいか否かの判定は、これらのアンケートと唾液検査の結果を総合して行います。

食事回数と虫歯の関係

ステファンカーブ
飲食回数と虫歯の発生する可能性
  お口の中は食事によって急激に酸性化し、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出します。しかし、30〜40分経過すると、唾液の力によって酸が中和され、唾液中のカルシウムやリンが歯の表面に戻ります。食事を度々すれば、お口の中は酸性になっている時間が長くなり、虫歯が発症しやすくなります。

▲このページのトップへ