歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > 歯の再石灰化と脱灰

歯の再石灰化で虫歯が自然治癒するってホント?

「酸」が歯をとかす

う蝕原生菌・食生活による脱灰と、だ液・フッ素・抗う蝕性食品などによる再石灰化
予防歯科における脱灰と再石灰化
  口の中では、酸が歯を溶かす「脱灰」と歯を守る「再石灰化」が同時に行われていて、このバランスがとれていれば歯は健康です。ところが何かの原因で歯を溶かす作用が強くなると、歯の表面からカルシウム分がどんどん溶け出して虫歯が始まります。

「再石灰化」で元にもどす

しかし、虫歯になりかかっていても、むやみに削らずに、フッ素、CPP-ACP(リカルデント)やキシリトールを使用したり、唾液の分泌をよくするなど、再石灰化を促す努力をすれば、虫歯の進行を止め元の状態に回復させることができます。
しかも、再石灰化を起こすことで歯のエナメル質の結晶構造が変化し、より酸に対して強くなっていきます。
これは乳歯や生えたばかりの永久歯が虫歯になりやすいことからも分かります。
もちろん、進行した虫歯は治療が必要です。
初期の虫歯(CO)なら再石灰化で虫歯を治すことができます。
初期虫歯(CO)とは歯の表面が白く変色した状態です。
それより少し進んでやや褐色になった状態(C1)でも虫歯の進行をストップさせることができます。
この状態で虫歯を削って詰めることは好ましくありません。
しっかりと予防し予後観察をしていくことが重要です。

歯の再石灰化を起こさせる方法

1. フッ素・キシリトール入り歯磨き粉を使用する方法。

お薦めの歯磨き粉 ジェルコートF

2. 口腔内の中和作用と緩衝作用を持つCPP-ACP(リカルデント)を含んだGC MIペーストを使用する方法。


GC MIペースト

3. 唾液の分泌をよくする方法

・こまめに水分を補給する
キシリトールガムを食後にかむ


キシリトールガム


「個人差」があるのです

虫歯になりやすさなりにくさは、人によって異なります。口の中の条件が異なるからです。歯を溶かす作用の強弱の条件への反応には個人差があります(カリエスリスクといいます)。まずは口の中の検査(カリエスリスク検査)を受けて、あなたのお口の状態を正確に知っておきましょう。


「定期健診」においでください

当院では虫歯を未然に防ぐ診療に力を入れています。様々な検査結果をもとに、患者さんの生活全体を総合的に判断してその人に合った予防プログラムをたてます。私たち歯科の専門スタッフは、定期的な検診、管理を通じて、患者の皆様の健康を応援します。



▲このページのトップへ