歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > 歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方

歯ブラシは虫歯予防の基本アイテム

効果的なブラッシングのためには、自分に適した歯ブラシで毎日きちんと歯を磨くことが大事です。
歯ブラシの毛の硬さはブラッシングの方法にもよりますが、歯の表面から汚れを落とすには、毛先の硬い方が軟らかいものよりはるかに効果的です。硬い毛の歯ブラシの欠点は、歯茎を傷つけたり、歯の表面を削り取ったりする恐れがあることです。逆に軟らかすぎるものは、汚れを落とす能力に欠けるのが欠点です。
歯ブラシの毛先や柄のサイズはできるだけ小さめのもので、口の中全体に毛先が十分に届くことが大切です。毛の密集したものや動物の毛は乾燥しにくく、不潔になりやすいので、ナイロン毛が良いでしょう。

歯ブラシの「寿命」は1ヵ月

キレイな歯ブラシと汚い歯ブラシ
歯ブラシは早めに取り替えよう
  歯ブラシは1カ月に一度取り替えることをおすすめします。また、毛先が開いてしまった歯ブラシは早く取り替えて下さい。もしも1カ月で毛先が開いたりする人は、歯を磨く時に力が入りすぎています。

お勧め歯ブラシ


GC ルシェロ歯ブラシ 5本

研磨剤が入っていない歯磨き剤を

ドラッグストアにはいろんな歯磨き剤が並んでいて選ぶのに迷いますね。選び方のポイントはリン酸カルシウムなどの「研磨剤」が入っていないもの。研磨剤が含まれているものは、歯の表面をゴシゴシこすったり、使い過ぎると歯が擦り減ってしまいます。歯磨き剤は、大体ブラシの毛の先にほんの少しつける程度で十分です。歯磨きの目的は、歯垢を取り除くことなのです。

発泡剤の入っていない歯磨き剤を

発砲剤のラウリル硫酸ナトリウムは粘膜に過剰な刺激を加え、味覚障害や口臭の原因になりえます。
お薦めはコンクール・ジェルコートF

電動音波歯ブラシが歯垢除去には威力を発揮します。

お薦めはソニッケアー・フレックスケアー

ソニッケアー・フレックスケアーコンクール・ジェルコートFを付けて歯ブラシします。
音波電動歯ブラシの中でもこのソニッケアー・フレックスケアーは歯垢を最も効率よく除去します。
(音波技術)によって生みだされる液体流動力(ダイナミックフルイドアクション)によって歯ブラシの毛先が歯垢から2mm以内であれば(歯垢に毛先が直接接触しなくても)歯垢を除去します。
つまり、磨き残しが極めて少なくなるということです。
このダイナミックフルイドアクションによって発生するキメ細かい力強い水流は、磨き残しが起こり易い歯周ポケット内や歯の間の歯垢も簡単に取り除いてくれます。


PHILIPS フィリップス ソニッケアー フレックスケアーR980 歯科医院専売モデル 30日間返金保証

▲このページのトップへ