歯科の情報局 白い歯ねっと > 虫歯予防 > キシリトール

キシリトールは天然甘味料

厚生省で認可されている食品添加物のキシリトール

キシリトールが虫歯を撃退
予防歯科に重要なキシリトール
  (1)キシリトールは厚生省に認可されている食品添加物です。
(2)多くの野菜や果実に含まれている天然の甘味料です。
(3)砂糖と同じくらいの甘さがあります。
(4)カロリーは砂糖の4分の3です。
(5)血糖値に影響を与えないので、糖尿病患者向けの医療品原料としても使われています。

キシリトールは世界中の国々で、虫歯予防効果と安全性が認められています。

キシリトールは“酸”を作らない

砂糖に含まれる酸は虫歯の原因
虫歯の原因の酸を作り出す糖分
  砂糖などの糖分は、口の中で虫歯菌によって分解され“酸”をつくります。この“酸”が歯を溶かして虫歯をつくるのです。虫歯菌の棲み処「プラーク」はネバネバしていて、歯を磨いても落ちにくいものです。
しかし、キシリトールは虫歯菌に代謝されないため、菌は“酸”を作れません。プラークも歯磨きすれば落ちやすくなります。また、さらに、キシリトールは虫歯菌の発育を抑えたり、エナメル質の再石灰化にも効果があるといわれています。

「キシリトール50%以上」が目安

厚生省とトゥースフレンドリーのマーク
キシリトールが
50%以上入っているマーク
  キシリトールが入っていても、他の糖分が入っていれば効果は半減し、キシリトール自体も50%以上入っていないと効果がありません。
キシリトールの優れた性質を有効にするためには、チューインガムやタブレット、歯磨き剤などが望ましいといわれています。
お菓子類を選ぶときにはよく確かめてください。
・厚生省の特定保健用食品マーク
・トゥースフレンドリー協会マーク
・キシリトールの含有量


▲このページのトップへ